ひと目で調律師と判る特徴とは?

調律師が主人公の小説『羊と鋼の森』が映画になりましたね。

早速、昨日のレイトショーに行って来ました!

映画のポスターを見てください。

主人公役の山﨑賢人さんが、いかにも調律師!という姿なんです。

わかりますか?

ひと目で調律師と判る特徴とは?

腕時計を右腕にしていますね。

映画に出てきた調律師役の方、みなさん右腕に時計をしていました。

 

わたくし北川は左腕にしています(笑)

私の周りの調律師で右腕に時計してる人いるかなぁ…

いない気がします。

でも、左にしているとちょっと邪魔だったりするんです。

 

今使っている腕時計のバンドが少しゆるくなってきて

打鍵していると横までまわってしまうので、私も右腕につけようかなぁ。

 

 

調律師が主人公のお話ってほとんど無い気がします。

村上春樹さんの短編集、東京奇譚集に『偶然の旅人』という作品がありますが、

ゲイの調律師が出てくるお話ですね。

もし興味がありましたら読んでみてください。